お年寄り

腎臓病食は宅配サービスを利用する|食事管理に便利

腎臓病とうまく付き合う

医者

腎臓病になってしまったら

食生活の欧米化に伴い、近年腎臓病患者が増加しつつあります。腎臓は、肝臓などと同様に「沈黙の臓器」と呼ばれており、非常に自覚症状が出にくい臓器であるため、気付いた時にはかなり病気が進行していると言うケースが少なくありません。更に、腎臓病はあるレベルまで進行すると自然に治癒することはないため、とても恐ろしい病気と言えるのです。腎臓病の進行を抑えるためには生活習慣の改善が必要ですが、中でも食事療法は必須です。腎臓病食を用いた食事療法は、病気の進行度合いや年齢などによっても変わってくるので、栄養士の指導に従ったきめ細かな配慮が必要となってきます。症状によってはかなり厳しい制限が加えられますが、食事への配慮は腎臓病と付き合う上ではとても大切なことです。

腎臓病でも食を楽しむ

食事療法は、タンパク質の制限と塩分の制限が基本となります。その上で、症状によってはカリウムや、リン、水分などの制限が加わります。そうなると、一般家庭で腎臓病食を調理するのはかなり困難な上、様々な調味料の制限で味気ない食事となり、それが患者さんのストレスにもなります。病気の進行を抑えるための食事療法であるにもかかわらず、不味い腎臓病食へのストレスで症状が悪化する恐れもあり、これでは本末転倒となります。そんな時に、利用したいのが腎臓病食の宅配サービスです。専門の栄養士のアドバイスにより症状に応じたメニューを選べる上、豊富な食材を美味しく調理するような工夫がなされているので、腎臓病でも食事を楽しむことが可能となるのです。医療の進歩により、腎臓病が進行しても、適切な対応により長生きが望めるようになっています。美味しい食事を楽しみながら、腎臓病と付き合える時代になっているのです。